MOVIE

動画がただ単に動くだけの画像だったら、こんなに簡単なことはない。
そこには絵があり、音があり、時間の経過があり、人の呼吸がある。
だから伝わるし、だから難しい。

簡単に動画が撮れる時代・・・・

スマホの登場以来、誰もが日常的に動画を撮影できる時代になりました。携帯電話の普及で誰もが簡単にスナップ写真を撮れるようになったことと似ています。
さらに現代ではSNSによって写真も動画も友達同士で共有して楽しむことができるようになりました。誰でもがインターネットに動画や写真を手軽にアップロードできるようになったのです。

逆にクオリティが高いものの需要は増えている

一方誰でもが動画撮影できるようになったからといって商業映像制作者の需要が減ったでしょうか。そんなことはありません。逆に需要は増えているといってもいいでしょう。WEBの世界は文字から写真、そして映像コンテンツへという流れは変わりません。やは多数の機材は必要です。カメラ・レンズ・ドローンも重要です。そこにプロが必要とされる理由があります。

動画は総合コンテンツ

映画は総合芸術と言われています。それ故動画はただ単に動くだけの画像ではありません。映像はもちろんのこと、音声・環境音の収録、音楽も必要ですし、ナレーションも重要です。ナレーションのためにはシナリオが必須です。動画を撮るためには文章力は大切な要素なのです。
また、動画には物語と時間の経過があります。どのシーンをどれだけの長さで見せるか、どう編集するか、そのためにどういうアングルで撮るか、光はどちらから当たりどの方向に移動するか、被写体が動くのかカメラを動かすのかということを時間の経過を考えて撮影しなければなりません。
撮影以上に編集には時間がかかります。特に最近は4Kで記録する事も増え映像はデータサイズも大きく、高性能なコンピュータを使ってもたいへんな時間と労力がかかります。

そういった映像が必要とされるとき、私たちの出番があります。

Videographerとして

一人で完結するということ

映像制作は個人レベルで出来るこのではありませんでした。しかしパソコンの高性能化と機材の低価格化によりプロダクションが分業によって制作していた動画が一人で完結するVideographerの時代となりました。

4Kで撮影できるDSLRやジンバル、ドローンという機材が映画のような動画を個人レベルで撮影できる時代になりました。

スピードとクオリティ

今求めらている動画はスピードとクオリティです。PVの場合は特にクオリティ=商品・料理・サービスの質と見なされる事が多いです。また動画は何度も観てもらえるわけではありません。一期一会の機会を逃さないことが大切です。オイコスでは制作するだけではなくどのように動画を視聴してもらうかまで提案します。

価格モデルへ

充実の機材

高品質な写真や動画を撮影するために良い機材が必要です。遠
オイコスでは、DJI社のInsoire2という高性能のドローンを始め用途に応じたその他3機ドローンを所有しています。運用可能時間は3時間を超えています。カメラをはじめ、音声機材、動画編集用機材、海上撮影用のカヤックなど多数の所有機材の中から、撮りたい画に合った最良のものを選択し、使用しています。

スマホでも撮影はできますが、最終的にはお客様への誠実な気持ち、被写体への愛情がオイコスの機材をそろえるモチベーションだといえます。

使用機材のご紹介 »

制作事例 釧路市内の湖 春採湖の落日 Inspire2

制作事例 釧路市内 幣舞橋付近 GH5 Inspire2

釧路商工会議所青年部様 依頼くしろ観光PRムービー インバウンド向け

ギャラリーへ »